東京の浮気調査(探偵・興信所)|ひかり探偵事務所(東京本部) ☎0120-12-7802

DNA鑑定・親子鑑定・兄弟鑑定

日本国内にある当社指定の解析機関を利用しています。
DNAとは
DNAは、Deoxyribonucleic Acid (デオキシリボ核酸)のことで、あなたの遺伝情報のすべてを持った分子です。人体の設計図と言われる「ヒトゲノム(人間の全遺伝情報)」には約2万2千個の遺伝子があり、そのうち99.9%は人類共通で、残り0.1% (22の遺伝システム)が人それぞれだとされています。親からこの残りの0.1%がどのように子に遺伝しているか、または、していないのかを調べれば、親子関係の有無を知ることができます。

■ DNA鑑定 私的鑑定と公的鑑定

私的鑑定は、依頼者様ご自身で被験者全員のサンプルを採取して頂きます。その結果は、依頼者様ご本人の確認資料としてのみの使用となります。 公的鑑定は、裁判所への提出が可能な鑑定です。サンプル採取からサンプルの投函などすべての手続きを、被験者全員と利害関係のない第三者が行わなければなりません。もし、不手際があった場合は、裁判用として使用不可となりますので、十分にご注意ください。

サンプルは口内粘膜がベスト
遺伝情報を含んだDNAを採取する簡単で安全な方法は、柔らかい綿棒で口の中から頬の細胞をなぞり取ることです。
痛みも全くありません。

【私的鑑定に使用できるサンプル】
2口内粘膜・血痕(布や紙に付着したもの2cm)・歯ブラシ・唾液・たばこの吸い殻・毛根・精子
ヘアブラシ・舐めた切手・ガム・おむつ・臍の緒・爪等
口内粘膜以外は特殊サンプルとなります。特殊サンプルは、別途料金が必要なります。

【公的鑑定の可能サンプル】
口内粘膜のみ。口内粘膜以外のサンプルは公的鑑定では認められていません。

【親子鑑定結果は二通りのみ】
肯定の場合 99.99%以上の肯定(親子関係あり)
否定の場合  100%の完全否定(親子関係なし)
私的鑑定も公的鑑定も鑑定の精度は同じです。

■ お申込から結果までの手順

1 FAX・郵送・メールなどでご契約書を交わします。
2 採取キットをご指定住所へお送り致します。公的鑑定の場合は第三者様宛てにお送りいたします。
3 サンプル採取後、採取キットをお返送頂きます。公的鑑定の場合は第三者様によりポスト投函。
4 解析は、航空郵便送日数を含め14日~30日程かかります。
5 DNA鑑定結果が届き次第、ご報告致します。

DNA鑑定の料金 私的親子鑑定

【私的鑑定】 鑑定期間14日~30日
被験者2名 150,000円+消費税
1名追加    30,000円+消費税
例えば
父+子   1名      150,000円+消費税
父+子+子 3名      180,000円+消費税
特殊サンプルについて
爪・毛根のついた髪の毛が望ましいです
上記以外の特殊サンプルも鑑定可能です。お問い合せ下さい。

【お支払方法】
契約締結後、鑑定料金の全額をご入金頂き、着手となります。

DNA鑑定の料金 公的親子鑑定

【公的鑑定】 鑑定期間14日~30日
被験者2名 250,000円+消費税 母親のDNAも採取させて頂くことが望ましいです。
1名追加    30,000円+消費税

【お支払方法】
鑑定料金の全額をご入金頂き、着手となります。

■ ご注意
公的鑑定に使用できるサンプルは口内粘膜のみです。
サンプル採取の際は、被験者全員が同席し、第三者がサンプルを採取しなければなりません。
第3者は、弁護士・医師・看護師以外でも可能ですが、以下の行為を、自己責任でできる方に限ります。
1 被験者全員にDNA採取同意の署名と、顔写真の入った公的証明書(免許証・パスポート)の番号を記入させる事が出来る。
2 「第三者の立会い証明書」に自署が出来る。
3 採取キッドの受取から、立会い、採取、発送まで行える人。

第三者の立会いが困難な場合
当社の専門の担当者が立会い、採取・発送まで全て行う事が可能です。
当社の担当が2名でお伺いいたします。日当1名2万円。東京から採取地までの往復交通費。
当日帰京できない場合は、宿泊費を別途申し受けます。

お問い合わせへ

ページトップへ

浮気調査などの無料相談

SITE MENU

お問い合わせ先
ひかり探偵事務所 東京本社
本社:〒102-0081
東京都千代田区四番町7番地
電話:TEL 03-5629-6220 
   FAX 03-5629-6221

インフォメーション

ひかり探偵事務所の会社案内

会社概要

全国で調査が可能な探偵事務所です。

浮気調査も後払い

調査料金後払いについて

ひかり探偵事務所は、調査終了後にお支払が出来る探偵事務所です。

DNA鑑定

DNA鑑定

DNA鑑定は、私的鑑定と公的鑑定の二種類があります。

指紋鑑定

指紋鑑定

指紋鑑定では、指紋が一致すれば最も有力な証拠となります。

筆跡鑑定

筆跡鑑定

ひかり定事務所の鑑定書は、理解しやすい分析説明法を取っています。

こぶたのブログ

こぶたのブログ

探偵のお仕事や探偵業界についてなど、知られざる探偵の世界をつづってまいります。