東京浮気調査専門
HOME > 筆跡鑑定

本人確認の為の鑑定(異同判断)と裁判用鑑定(本鑑定)

最高裁判所でも勝訴!!
地方裁所、高等裁判所、簡易裁判所、家裁の指定を受けて多数「鑑定書」を提出致しました。
刑事事件・民事事件にも対応。
科学的な分析・解析・説明をしております。
当鑑定事務所の鑑定書は、理解しやすい分析説明法を取っています。

■ 筆跡鑑定:私的使用及び裁判使用の二通りがご座います。

すべての方に鑑定書(裁判使用)が必要とは限りません。同一であると言う判断を望む方と、同一でない事を望む方がいらっしゃいますので、そのご希望が鑑定士の判断と一致した場合、なおかつ、公的資料が必要であれば、鑑定書を作成する事をお勧めいたします。

異同判断の検査事項
・実際の書面筆跡か、複製か、鮮明か確認。
・作為性が有るか無いか。筆順の特徴はどうか。
・同一筆跡の可能性、相異筆跡の可能性・・・の両方の見方で検査。
・稀少性、常同性、字画構成、形態、運筆状態、筆跡個性、筆脈、筆勢、筆圧、筆順、誤字当て字、
 略字、『、。』『〜』漢字、平仮名、カタ仮名、算用数字、漢数字などを比較検査。
 特に筆脈など固有の筆癖を詳細に検査

鑑定に必要な資料と手順
【鑑定資料】
嫌がらせの手紙、誹謗中傷の手紙、遺言書、借用書など人の手によって書かれた文字
【対照資料】
怪しいと思われる人物が書いた文字

手順1 異同判断を行います。
同一人物によって書かれたものか、別人が書いたものかを判断いたします。その結果を判断書にまとめて提出致します。
手順2 希望により鑑定書作成
裁判所、検察、弁護士などに提出が可能です。
※当事者間だけで問題を収めたいとお考えであれば、鑑定書の作成は必要御座いません。

■ 筆跡鑑定 異同判断料金

【異同判断】 作成期間 10日前後
資料はA4用紙サイズを目安とし、1枚を1点とします。文字数は問いません。
鑑定資料・対照資料 合計3点  150,000円+消費税(157,500円)
資料追加 3点を1単位とし     50,000円+消費税 加算
鑑定資料2点と対照資料1点や鑑定資料1点と対照資料2点で合計が3点を1単位です。
資料点数の組み合わせは問いませんが、対照資料がなければ鑑定は出来ません。
例えば
合計点数4〜6点の場合   1単位の追加になります。 15+5=20万円+消費税
合計点数7〜9点の場合   2単位の追加になります。 15+10=25万円+消費税
合計点数10〜12点の場合  3単位の追加になります。   15+15=30万円+消費税
【お支払方法】
契約締結後、鑑定料金の半額をご入金頂き、着手となります。
残金は、判断書をご確認頂きお支払いとなります。

■ 筆跡鑑定 鑑定書作成料金
【鑑定書作成】 作成期間 30日前後
3部作成  裁判所・検察庁・警察署などの、公的機関に提出可能です。
難易度により鑑定料金に変動がある為、異同判断後のお見積もりになります。
【お支払方法】
鑑定書作成は、全額前金です。最低50万円〜

■ 筆跡鑑定 意見書(反論書)作成料金
【鑑定書作成】 作成期間 30日前後
相手方の鑑定書に対する反論。
意見書(反論書)は、相手方の鑑定書を確認させて頂き、お見積もりを致します。
【お支払方法】
意見書(反論書)は全額前金です。最低50万円〜

裁判での証人尋問
鑑定書作成後、裁判所への証人尋問もお受けいたします。
但し、出張費・交通費を別途ご請求させて頂きます。


 

お問い合わせはコチラへ!

浮気調査はひかり探偵事務所へ    東京探偵・興信所 電話番号 0120-12-7802
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る

【東京・探偵・興信所・筆跡鑑定】東京都<中央区・千代田区・港区・渋谷区・新宿区・品川区・大田区・目黒区・世田谷区・杉並区・練馬区・中野区・豊島区・板橋区・北区・文京区・台東区・荒川区・墨田区・江東区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市・町田市・日野市・府中市・国立市・小金井市・国分寺市・昭島市・立川市・三鷹市・調布市・稲城市・小平市・武蔵野市・西東京市・東久留米市・東村山市・東大和市・清瀬市・青梅市>神奈川県<横浜市・川崎市・相模原市・大和市・厚木市・伊勢原市・海老名市・座間市・綾瀬市・平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・横須賀市・三浦市・小田原市・南足柄市・秦野市>埼玉県<さいたま市・川口市・戸田市・蕨市・鳩ヶ谷市・和光市・草加市・越谷市・吉川市・三郷市・上尾市・熊谷市・東松山市・所沢市・川越市・上福岡市・坂戸市・北本市・桶川市>千葉県<千葉市・八千代市・佐倉市・成田市・印西市・四街道市・酒々井市・八街市・松戸市・柏市・我孫子市・流山市・野田市・鎌ヶ谷市・浦安市・船橋市・市川市・習志野市>茨城県<水戸市・日立市・つくば市・土浦市・取手市>新潟県<新潟市・長岡市・上越市>群馬県<前橋市・高崎市・太田市>栃木県<宇都宮市・さくら市>山梨県<甲府市>長野県<長野市・松本市・岡谷市・諏訪市>静岡県<静岡市・富士宮市・沼津市・熱海市・浜松市>愛知県<名古屋市・豊橋市・岡崎市・蒲郡市・豊田市・一宮市・春日井市>岐阜県<岐阜市・大垣市・関市・美濃加茂市・可児市・羽島市>大阪府<大阪市・東大阪市・枚方市・堺市・高槻市・吹田市・茨木市>兵庫県<神戸市・姫路市・明石市・西宮市・伊丹市・宝塚市・尼崎市>岡山県<岡山市・倉敷市・津山市>広島県<広島市・呉市・三原市・尾道市・福山市・東広島市>四国<高松市・松山市・徳島市・高知市>九州<福岡市・北九州市・久留米市・長崎市。佐賀市・大分市・別府市・熊本市・宮崎市・鹿児島市